重要なお知らせエリアを非表示

MUTUAL MORAL & MATERIALS

ココロくすぐるお道具箱で
日常に彩りを。

「書道」というと、難しい、古い、面倒くさい...というイメージを持たれる方が多いと思います。
そのためか、小学校で一度は経験があるものの、それっきりという方がほとんど。
確かに書道って、お道具の扱いはもちろん、準備や後片付け、また思う様に書けなかったりと、
忙しい現代においては、手間のかかる面倒なことかもしれません。
でも、その面倒な中に大切なことがたくさんあると思うのです。
たとえば、筆や硯(すずり)、墨、半紙などを準備する間に、頭の中で渦巻く様々な思いが薄らいで気持ちが整います。
そして書き始めると、心地よい緊張と白黒のリズムが頭をほぐし、また後片付けをしながら徐々に呼吸と心が整います・・・
そんな「書道の楽しさや気持ち良さ、奥深さ」を一人でも多くの人に味わって欲しいという思いのもと、
「書道したくなる、書道してると言いたくなる、見てるだけで嬉しくなる」お道具箱をつくりました。
即、結果や答えを求められる現代だからこそ、感じる何かがココにはきっとあるはず。
そう、大人になった今だから、 「書道」始めてみませんか?

つくり手の人たち

文鎮や筆置、中敷は木彫職人の市橋和典さん。
欄間や仏像をはじめ、伝統的なものから現代的なものまで、
幅広い木彫作品を手掛ける市橋さんが作りだすものは、
誠実でどこかあたたかく、その人柄そのもの。

磁器の水滴は、港町三国で陶芸家として活躍するタナカマナブさん。
ユニークな人柄と、建築学科出身ゆえの緻密さが醸しだす独特の世界観で人気を博しています。
今回手掛けていただいた水滴の水切れの良さを、ぜひ体感ください。

二段の箱の製作は、富山県高岡市で桐箱を主に製作されている有限会社ウラタの浦田恵三さん。
こちらからの細かい寸法の要望や仕様変更に、迅速に丁寧に応えてくれる頼もしい職人さん。
素材の特性を熟知し、要望以上の結果を出してくれるのが浦田さんの箱作りです。

お道具箱を入れるトートバッグとあづま袋は、KATA+の片岡理恵子さん。
帆布によるモノづくりを手掛ける片岡さんは、
主婦でありながらも様々なクラフト展やイベント、個展など、精力的に活動中。
今回も、片岡さんの帆布好きのハンパない帆布愛が存分に発揮されています。

メッセージ Massege

Mapを非表示
文化とは、歴史に裏打ちされた、人間活動としてとても重要な要素を持つものと捉えています。
敷居が高く思われがちなその世界に、楽しく触れてもらい、
その素敵なエッセンスを現代に活かす方法についていつも考えています。

変わるモノ 変わらないコト。

書道教室や茶道教室を運営しているからこそ感じること。
変わらないコトとは、時代や環境が違っても変わることの無い普遍的なこと。
例えば、嬉しい、楽しい、悲しい、寂しい、心地いい、気持ち悪い・・・
そんな、人間だれしもが持つ感覚。
書道でいうならば、書くことで心の落ち着きを感じたり、文字の先にある物語に触れること。
でも、それはやってみて初めて感じるコト。
そんな素敵なコトをひとりでも多くの方に感じてもらいたい。
感じ方に作法はありません。
昔ながらのやり方も大事ですが、それがすべて現代にマッチしているとは思えない・・・
ならば、今に合わせてスタイルやカタチを変えて、その素敵な世界に触れやすくしよう!と、
変えるモノとして、まずはお道具箱をつくろうということになりました。

「スタイリッシュに」というのは、ただカッコよく、新しくするのではなく、
「今」に合わせてチューニングすることだと考えています。
まさに温故知新。
この機会に、書道されている方はもちろん、されていない方も、
ぜひ楽しんでみてください。





MUTUAL MORAL & MATERIALS

〒910-0855 福井県福井市西方2−19−9 高橋ビル2F
mail : info@moramate.com